歯ならびが「でこぼこ」にならないために

歯の大きさと土台の大きさ・長さとのバランスが崩れると、歯ならびが「でこぼこ」になってしまいます。

現代の子ども
現代の子どもの場合、ほとんどの場合「骨(土台)の長さ=歯の横幅の合計」ではありません。
(赤い線が骨の長さになります)
窮屈
つまり
座れない
イスからはみ出してしまい、まっすぐ座れないのです。
イス取りゲームと一緒で遅れて生えてくる歯ほどまっすぐに座れません。
座れない
こうして、歯ならびが窮屈になってしまい「でこぼこ」になっていってしまうのです。

どうすれば予防できる?

これから大人の歯が生えてくる時期は、
将来的に「でこぼこ」になることを防ぐために予防することが大切になります。

すでに「でこぼこ」になってしまってからでは、
歯を抜くなどの処置を行って、土台とのバランスを図らなければならない場合が多いです。

つまり、大人の歯が生え始める時期から早めに矯正治療をスタートすることが予防になるのです。

でこぼこ予防

でこぼこになってから抜歯をするのではなく、土台の長さをアップすることが「でこぼこの予防」になるのです。
子どもの歯ならびは「でこぼこ」が起こる前に治すことが大切です。

港区新橋で無料矯正相談

前歯だけのプチ矯正

ケイデンタルオフィスの矯正歯科

大人の矯正治療

子どもの矯正治療

矯正歯科の費用

ケイデンタルオフィスについて

お問い合わせ

アクセス

〒105-0004
東京都港区新橋6-5-3 1F
TEL 03-3435-1117


大きな地図で見る

矯正治療で大事な事

矯正治療で得られるもの

矯正治療で得られること

確かに「きれいな歯並び」はきれいです。当院が提供するのはそれだけではありません。
虫歯や歯周病へのなりにくさなど色々なメリットを考えて行っております。

信頼できる矯正医の探し方

まかせられる矯正歯科医師の探し方

矯正治療は1回や2回で終わる治療ではありません。 長い付き合いになることを考えて、知識や技術はもちろん人柄も考えて選ぶことをおすすめします。

裏側矯正Q&A

ページの上部へ