ワイヤーを用いる矯正がマルチブラケット法です

一般的に皆様が想像する、いわゆる「矯正治療」のことです。
歯の表面にブラケットという矯正装置を装着し、ワイヤーを組み込んで歯を3次元的に調節して移動させていく方法です。

新橋駅前の矯正 新橋駅前の成人矯正

マルチブラケットはブラケット・ワイヤーなどと言われる矯正歯科の専用の矯正装置を使っていきます。

そして、矯正歯科を専門としている人以外にはあまり知られていませんが、このマルチブラケット法は2つの方法に分けられます。
「スタンダードブラケット法」と「ストレートブラケット法」という2つの方法です。

歯につける矯正装置はどこの歯科医院も同じ?

アーチ
「スタンダードブラケット法」とは
それぞれの歯が連続的に並ぶように、下の図にありますようにブラケットに通すワイヤーを曲げて調節していきます。

当たり前のことですが
皆が歯の大きさや歯の位置が同じではないので、1人1人のワイヤーの曲げ方は違うのです。

このようにスタンダードブラケット法とは 熟練の矯正歯科医がオーダーメイドに一人一人に合わせていくのです。
矯正治療 大人の矯正
オーダーメイドに矯正治療が行えるので、最良の治療が可能になります。

では、どうして全ての矯正医がこの方法で行わないかというと
オーダーメイドで合わせていくということは矯正医としての相当の技術と経験、知識が必要となるわけです。

つまり、矯正医として熟練度が低いと仕上がりはもちろん、治療期間にも大きく影響が出てしまいます。
その結果、スタンダードブラケット法を用いた矯正歯科医院は多くありません。

では一般的なストレートブラケット法とは

スタンダード法が難易度が高いため、簡素化した方法が「ストレートブラケット法」です。

歯につける金具(ブラケット)に、きれいに並ぶための平均的な凸凹や傾き、角度などを最初から組み込んでおく方法です。

既成のアーチ型のワイヤーを入れればほとんど曲げないでも大丈夫なように工夫されています。
大人の矯正歯科 矯正認定医
この手法は、「スタンダード法」より矯正医としての熟練度が必要ないため、多くの矯正医・一般医によって用いられている方法です。

1回の治療時間も比較的短く済み、緩やかな力で行うため矯正治療に伴う痛みも少ないなどの長所もあります。

ですが、
一見すると良い方法に思える「ストレートブラケット法」には大きなデメリットがあります。

それは、ブラケットに組み込まれた凸凹や傾き、角度などはあくまでも平均値的なものを基準としていることです。
しかも、日本で市販されているストレート法のブラケットは、
ほとんどが白人(アメリカ)の歯の平均から導かれた標準値であり、人種の異なる日本人とは歯の大きさや形態がかなり異なるため、矯正治療の精密さを考えるとベストな治療法とは言えないのです。

こういった事実は一般の方はもちろん、
矯正歯科を専門としていなければ、歯科医師にも知らない人が多いのです。

ケイデンタルオフィス・矯正歯科では「スタンダード法」で行います

矯正治療を進めていく上で大切な事は治療を進めていくうえで、歯の動き具合をチェックして診断していくことです。

患者様によって必ずしも矯正医の予想の通りに動いていくとは限らないのです。

その都度に診断してワイヤーの調節が必要となるため、矯正歯科治療においてはこのスタンダード法が最も適した治療法となるのです。

ケイデンタルオフィス・矯正歯科では自信をもって「スタンダード法」で矯正治療をすすめていきますので、ご安心ください。

港区新橋で無料矯正相談

前歯だけのプチ矯正

ケイデンタルオフィスの矯正歯科

大人の矯正治療

子どもの矯正治療

矯正歯科の費用

ケイデンタルオフィスについて

お問い合わせ

アクセス

〒105-0004
東京都港区新橋6-5-3 1F
TEL 03-3435-1117


大きな地図で見る

矯正治療で大事な事

矯正治療で得られるもの

矯正治療で得られること

確かに「きれいな歯並び」はきれいです。当院が提供するのはそれだけではありません。
虫歯や歯周病へのなりにくさなど色々なメリットを考えて行っております。

信頼できる矯正医の探し方

まかせられる矯正歯科医師の探し方

矯正治療は1回や2回で終わる治療ではありません。 長い付き合いになることを考えて、知識や技術はもちろん人柄も考えて選ぶことをおすすめします。

裏側矯正Q&A

ページの上部へ